久々の浜名湖釣行

約1ヶ月・・・だいぶ更新サボってしまいました。GW明けと共に仕事も忙しく、土日は町内の行事があったりで忙しく空いた時間は子供と遊んでやりたいし。って事で釣りは二の次になってしまいましたが隙間を見つけてたまには行っていました。

たいした釣果も無いですが一応書いておきます。

まずは浜名湖から~


今年はキビレが渋い

いつか忘れましたがこの日は夜中の釣行。今年はキビレをあまり釣ってない事もありキビレ狙いで行ってきました。しかし、今年は浜名湖のキビレがなかなか渋い。去年が良すぎたのでそのイメージで簡単に釣れると思ったら大間違いな状況。

釣りには行けてなくても仲間の話を聞いてたのである程度の状況は把握出来ていました。そこから潮汐を考慮し何処に入ろうかポイントを絞り込みます。この日はBozDesメンバーの後輩2人と一緒にエントリー。

ちょっとの違いが大きな違い

見た感じ潮がダル過ぎる。しかし、ベイトは居た為ルアーを通してみますが、やはり反応がない。開始30分で見切りを付け移動をする事に。開始30分でみんなを移動させるのも忍びないと心優しい先輩はみんなで移動しようとは言わず、自分は移動するね!と伝え単独行動(笑)

そして同じエリアの少しだけ離れたポイントに移動します。ここは潮通しの良いポイント。ここで手っ取り早くキビレを釣るには・・・
ネガカリノタテ+ブリームキャッチャーをセット。



わずか2投でゲット
image
ヤッシーオレンジ+モエビラメ

その後反応なくカラーチェンジして数投。

image
ヤッシーオレンジ+ラメラメオレンジ


30分で2匹ゲットして撤収♪
こんな簡単に釣れるなら連れてきてあげれば良かった。まぁオレに着いて来い的な男前な事を言える程自信も無かったので致し方なし。優しさが裏目に出た残念な先輩を許してくれ。


その後先程のポイントに戻るとまだまだ頑張ってる後輩2人・・・

その背後で片付けも済ませ余裕で見ている自分・・・すまん(笑)


結局、僅か数100メートルのポイントの違いが明暗を分けた結果となりました。これを見ると、何処何処で釣れたって情報もあてにならないなと感じますね。最初に入ったポイントも移動したポイントも呼び名は一緒。でも釣果は全然違うんだから。



次は、更に内容が無いサーフ編を書く予定です。
ではでは~