短い地合いを捉えて連発

この日は浜名湖へ満潮からの下げ潮でのエントリー。流れは出ているもののまだ緩く、ベイトも全く見えない。正直、雰囲気は良くありません。まずは地形変化に付いていないかを探ります。表層からボトムまでミノーや、シンペンを通して見ますが反応がありません。

ネガカリノタテを試してみる事に

今流行りのネガカリノタテ+ブリームキャッチャーも試してみます。実はこのボトムズル引き系の釣りは苦手で、ほとんどやったことがありません。焦ったくなるんですよね。


先日の嶋田仁正さんのセミナーの時にも話があり、この機会に使ってみようと思ったわけです。しかし、やっぱ焦ったいですね(笑)これからは時々使っていきたいと思っていますので釣れたらご報告しますね!


流れの中でシーバス連発

話が逸れましたが潮が動き始めて潮目がクッキリしてきたタイミングで流れの中にモアブ85Fを通すと連発しました。

image
image
image
image


地合いは短くこの2匹釣った後潮目も消え去りベタベタの水面になり、バイトも遠のきました。なんとか地合いを捉えてシーバスを釣ることが出来ました。こんな感じで浜名湖シーバスが釣れています。キビレも本格的にシーズンインしたようですので、キビレも狙って釣って行きたいと思います。