奥浜名湖チヌ事情

お盆明けに一度浜名湖ウェーディングをしてみたものの3箇所周って撃沈。久々だと魚の居場所が分かりません。そして今回はその時以来のウェーディング。毎年この時期に好調となるエリアへ行ってきました。

このポイントは斜めにブレイクが入り、シャロー側の地形が広大なフラットになっているのでブレイクの上に乗っていればチャンスとなります。夕マズメに行った仲間は調子の良い上げ潮でそのシャローを叩いて4人全員安打達成。しかも、若葉マークの子もサクッと釣っちゃう始末。しかし、自分が行ったのは夜中逆の下げ潮。食い気も夕まずめに比べたら落ちている時間帯。なかなか厳しい戦いが待っていました。

クロストリガーで起死回生の一発

SPM90やZipBaitsの9Fタイダルで表層を探るも反応がなく、紅ショウガでボトムを探っても無反応。という事でブレイク狙いに変更。斜めに入ったブレイクをドリフトで狙います。ドリフトと行っても川の様な流れなど無い奥浜名湖。ゆっくりルアーを見せたいがゆっくり過ぎると動かない。そんな時は横からの僅かな流れでも動いてくれるクロストリガーの出番。ブレイクの上から下に落としながらゆっくり動かす。そんなイメージでヒット。

良型のチヌと分かるファイト。Lower73Lが綺麗に曲がりグイグイしなり楽しめました。

293FDA60-7621-444B-BA74-A8CAF8E0445B

年無しには届きませんでしたがカッコいい綺麗なチヌでした。

C7EC02CB-3E04-4FBD-B503-C255BC5420FC

後は明るくなってからのチビレのみでした。

386DB6D2-0D04-47FC-AD18-3A4E0484DD62
紅ショウガでチビレ


明るくなりこれを最後に撤収しました。
チヌ、キビレは終盤に差しかかろうとしていますので今のうちにもっと楽しみたい所です!

というか、楽しんできました。


その詳細はまた後日。